ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

ショップ紹介

責任者:本郷(写真左)アテンポ社長:アレクシス(写真右)

カホン発祥ペルー産プロ用カホン A Tempo Percusion 、エクアドルよりドラマーの為のサウンドNativo Percusion、フラメンコの本場アンダルシアの最高級アルテザーナ(職人)フラメンコカホンABueno Perucison販売サイトです。各メーカー日本総代理。

メローでウオームな響きのあるA Tempo、ドラマーの為のタイトなサウンドを目指すNATIVO、フラメンコカホン最高峰のABuenoと世界各地から最高峰のカホンを集めたセレクトショップです。

最高峰のルックスとサウンドを、お探しであればこのサイトでお探しください。世の中にこれ以上のカホンは存在しません。

商品についてのお問い合わせなどあれば、お気軽にメールしてください。音の好み、経験などに合わせて最適なカホンを提案いたします。

試打について

名古屋:栄のイシバシ楽器店(栄交差点南西、三越西向い)

浜松:ソニックス

上記ドラム専門フロアで通常アテンポ、トカドール、ミクスト、カホンシート、パフォーマンス、ボンゴカホンと主なラインナップを展示しており試打可能です。品切れの可能性もあるので、事前に直接店に電話で確認してください。

土日祝であれば愛知県東海市での事務所でも試打が可能です。(要予約)お気軽にご連絡ください。

フリーページ
rss atom

はじめに

ようこそ
良いカホンをお探しですか?
あなたは正しいドアを開きました。ここには世界最高峰のカホンがあります


・パーカショニストに大好評、コンガやボンゴなどと同様、太鼓本来の豊かな響きを持つ、カホン発祥ペルー産単板(Solid Wood)A Tempo Percussion。
・ドラマーの求めるハードなドラムサウンドを、徹底追求したエクアドル産NATIVO。
・フラメンコの本場、スペインアンダルシアより、フラメンコカホン最高峰ABueno Percussion。

200年以上前にペルーで生まれたカホンは1970年台にフラメンコギタリスト、パコデルシアの手によりスペインに渡り、フラメンコの伴奏に使われるようになると、その手軽さから瞬く間に世界に広がり現在では最も人気のあるハンドパーカッションの一つです。
カホンは非常にシンプルな楽器ですが、それゆえにボディー材、打面材、ボディーの組み方、スネア弦のタイプで音の違いが大きく出ます。

このサイトでは世界最高レベルのカホンを集め、日本の皆様に提供いたします。
価格についても現地価格同レベルを達成しております。国内で売られている同価格の製品と比べれば、圧倒的品質を持っていることを実感いただけると自信を持っております。

既にカホンをお持ちの方には、カホンの進化を実感していただけるはずです。
始めてカホンを購入される方は迷うことはありません。このサイトのカホンを手に入れて頂ければ、あなた世界最高峰のカホンを手に入れたということです。
そのサウンドを十分楽しみ、さらに別のテイストのカホンが欲しくなればまたこのサイトにおいで下さい。常に世界最高レベルのカホンがあなたをお待ちしています。

A Tempoカホン:あなたは響き(胴鳴り/倍音)のある単板(Solid Wood)カホンを選びますか?それとも響きの無い合板カホンを選びますか?

カホン発祥のペルーでは響きの無い合板のカホンは好まれません。観光客向けのお土産的な合板カホンは流通しておりますが、プロは響きのある単板カホンを選びます。

一般的なカホンのボディーはコスト面、製造、管理の容易さから合板が使われておりますが、アテンポは単板ならではの鳴り、響きにこだわり、キッズカホンからプロ向けの最上級モデルまで、単板、あるいは更に凝った組み木、また上級モデルでは音響性能に優れ、ディープでウオームな響きを生む密度の高いモヘナ、レキア、ウオルナットなどのハードウッド(広葉樹硬木)を使用しております。

それらのソリッドな高級材を高級家具製造の手法である「あり組接ぎ」にて強固に組み合わせた高剛性ボディーにより、圧倒的な鳴り、ディープなベース音を実現しております。手に取った瞬間に本物の木で作られた上質な楽器の存在感に圧倒されることでしょう。また一打叩いただけで今までのカホンは何だったのかと思われることでしょう。

なぜ合板ボディーのカホンは響きがなく、色つやの無い単調な音になるのか。

合板は密度の低い木材を薄く切り出した板を何層にも重ね接着した板です。したがって板の内部には多くの空壁があり、手からボディーに伝わった振動、音を吸収します。ボディーに吸音材を使っているようなもので、響きを無くし、色つやの感じられない単調な音にしているのです。(重硬なフィンランドバーチ合板など、高級フラメンコカホン、高級スピーカーなどに使われている材料は、程良い響きを持ちます。)

カホンを買ってどうも音が面白くない、カホンなんてこんなものか、と思われた貴方は是非単板カホンをお試しください。ギターなどの弦楽器、パーカッション、など木製楽器は単板が常識です。
合板カホンは価格も安く、まとまりのある音が出ますが、それに飽き足らなくなったらコンガやボンゴに通じるパーカッションとしての響き、キャラクターのある単板カホンの音をお試しください。

またボディーの剛性も音に影響します。剛性の低いやわなボディーは、これまた振動を吸収、あるいは余計な振動をし、パワーの無い安っぽい芯のない音になります。アテンポのボディーは極厚14?前後の単板(組み木)をあり組接ぎにて組むことにより高剛性を実現しています。またキッズカホンからトカドールカホンまで、全てのボディーの背板で10?の厚みを確保して高剛性ボディーを形成しています。

単板にしろ合板にしろ良いカホンを選ぶ簡単な見分け方として、サウンドホールのある背面の厚みをご確認ください。かなり高価なカホンでも5mm以下の薄い板を使っているケースがあります。

なぜそのような高価な単板を使い、手間のかかる加工をしたカホンが合板カホン並みの価格で買えるのか?

他社のハードウッド(広葉樹単板)カホン(通常フラッグシップモデル)は5万円以上から、物によっては10万円以上で売られていますが、アテンポはカホン発祥ペルーのプライドとして「ペルー産のカホンの素晴らしさを世界中のミュージシャンに体験して欲しい、そのために手の届く価格で提供する。」という方針を持っています。その為、非常に良心的な価格設定で、どのインポーターとも取引しています。

日本総代理店である私も、輸入からウエブサイト構築、商品の発送など全ての運営を基本的に一人で行っており、余分なコストをかけておりません。世界で一番アテンポの価格が安い米Amazonの価格とほぼ同等の価格を実現しております。またアテンポからも日本の皆様に手の届く価格で提供すること、という条件で取引しています。その為グラミーノミネートされる、数々のパーカショニスト愛用の圧倒的な品質のカホンを、手の届く価格で販売できるのです。

USアマゾンでの圧倒的評価と世界同一価格ーこちらの購入者レビューを参考にして下さい。


アテンポはリスクフリー

初回注文に限り音がイメージしたものと違ったなど、理由を問わず送料だけ(往復3000円)ご負担いただければ返品を承ります。
お支払いはは安心のクロネコ現金代引き。商品を受け取ってからのお支払いなので安心です。



カホン・パーカッション情報

お勧めカホンYouTubeレッスン
初心者から上級者までYoutubeで手軽にカホンのレッスンビデオが見れます。お勧めのカホンレッスン動画です。

カホン・パーカッション レッスン、サークル情報
カホン・パーカッションどこで習えば?演奏したらいいの?に答える情報です。

アテンポTwitter
カホンやパーカションの動画の紹介、アテンポの最新ニュースなど




その他お知らせ

2019年4月よりエクアドルのNativo Percusionの日本総輸入代理として販売を開始しました。NATIVOはドラムオルタナティブカホンとしては最高峰のサウンドを持ち、打面デザインもアグレッシブでこれまでのカホンの常識を打ち破るものです。そのタイトでシュアなサウンドはフラメンコなどにも最適です。取り扱いをご希望の楽器店がありましたらご連絡ください。

米ドラムマガジンの2018北米楽器ショーリポートとビデオです。最初輸入元インタビュー。新製品のコンガ、ボンゴの演奏。アテンポ社長アレクシスのインタビューで、アテンポの組み木製品が貴重な木材資源の有効利用である、ということが話され、最後に弦調整可能なスネアカホンの演奏です。

北米楽器業界誌Music Inc.誌に於いて、北米最大の楽器見本市2017NAMMショーエディターズチョイス、ドラム@パーカッション部門にてアテンポのカホンが選ばれました!記事はこちらです。
アテンポパーカッションで是非Editors choiceの音をお試しください。

関東、中部、関西のアテンポ製品取扱店はこのリンクよりご参照ください。

おすすめ商品

38,400円(税込41,472円)

38,400円(税込41,472円)

32,000円(税込34,560円)


32,000円(税込34,560円)

30,800円(税込33,264円)


売れ筋商品

29,800円(税込32,184円)


30,800円(税込33,264円)

19,800円(税込21,384円)


アテンポカホンの特徴紹介ビデオ
埼玉県大宮の音楽教室おとしずく/代表のミッチー先生に日本一周カホンの旅の際にお寄りいただき、アテンポのカホンを紹介してもらいました。とても分かりやすく編集され、良い画質、よい音で撮れています。



アテンポカホン演奏動画―ミクストカホン
ペルーのSonidos del Cielo(天からの音)によるCuan grande es elという爽やかな演奏を、ミクストカホンの歯切れのよいスネア音とディープなベースと共にお楽しみください



ボンゴカホン演奏動画
単板ボディーの響きが良くわかるGabriel Said氏のボンゴカホン演奏。弦楽器の響きにも負けないアテンポのボンゴカホンの響きを堪能下さい。


アテンポパーカッションについて

カホン発祥、ペルーのアテンポパーカッションは1998年よりペルーの伝統楽器であるカホンの製造を始め、高級家具製造の技術と、ペルー伝統のカホン製造の技を合わせ、その製造品質と圧倒的な音で世界中のパーカショニストに愛用されているカホンです。特に北米ではマイネル、ゴンボップスなどのメジャーパーカッションメーカーと並ぶカホンのメジャーブランドで年間6000台余りがペルーで生産されています。

未来への責任

南米アマゾンの貴重なハードウッド(硬木)を使用するにあたり、アテンポではエコロジカルな面から、端材も無駄にしない為の組み木モデルをラインナップしております。そのユニークで芸術的な組み木モデルは非常に好評を博しております。

アテンポは所有する喜びにあふれ、末永く使われる楽器をモットーにカホンを始めとし、近年ではボンゴやコンガなどパーカッション全般の製造しております。

ペルー、リマにおけるアテンポカホン製造の様子

因みにBGMはアテンポ社長のアレクシスも参加し、世界的なパーカショニスト達と作り上げたCDからです。なんとこのCD元ウエザーリポート、エルビスプレスリー、ポールマッカートニー、U2などとも共演したアレックスアクーニャ(ペルー)が1曲参加しています。


アテンポエンドーサー

アテンポ製品は世界的なパーカショニスト達に愛用されています。



ペルーネグロ / Peru Negro
1969年に結成されたアフロペルー打楽器アンサンブルグループ―日本にも過去来日しています。
ペルーネグロはペルーの文化交流大使ともなっているアフロペルー伝説のグループです。
アメリカでの2ndアルバムJolgorioは2005グラミー2部門にノミネートされました。2008年のZamba Malatoというアルバムもグラミーにノミネートされています。
2010年にはペルーの最も有名な歌手であるエバアヨンとアルバムを作り、ラテングラミーのベストフォークアルバムにノミネートされています。

フーゴ アルカサール / Hugo Alcazar
ドラマー・パーカショニスト・コンポーザー・エデュケイター
2010年アメリカのジャズピアニストGeoffrey Keezerのアルバム"Aurea"に参加し、グラミーにノミネートされています。