ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

ショップ紹介

責任者:本郷(写真左)アテンポ社長:アレクシス(写真右)

カホン発祥ペルー産プロ用カホン A Tempo Percusion 、エクアドルよりドラマーの為のサウンドNativo Percusion、フラメンコの本場アンダルシアの最高級アルテザーナ(職人)フラメンコカホンABueno Perucison販売サイトです。各メーカー日本総代理。

商品についてのお問い合わせなどあれば、お気軽にメールしてください。音の好み、経験などに合わせて最適なカホンを提案いたします。

試打について

名古屋:栄のイシバシ楽器店(栄交差点南西、三越西向い)

浜松:ソニックス

上記ドラム専門フロアで通常アテンポ、トカドール、ミクスト、カホンシート、パフォーマンス、ボンゴカホンと主なラインナップを展示しており試打可能です。品切れの可能性もあるので、事前に直接店に電話で確認してください。

土日祝であれば愛知県東海市での事務所でも試打が可能です。(要予約)お気軽にご連絡ください。

フリーページ
rss atom
アフロペルーの代表的なリズムの叩き方を紹介しています。挑戦してみてください。

フラメンコなどと比べればそれほどスピードも速くなく、リズムパターンも複雑ではないので初心者でも挑戦できます。ただし響きの良いベースや切れのある縁打ちはかなり練習(指、骨を鍛える)が必要になります。

アフロペルーでよく聞くのがフェステホのリズムです。カホン数台で演奏すればアフロなグルーブが出て病みつきになるかも。

ヴァルスというのはいわゆる3拍子のワルツのことです。ワルツ(ヴァルス)ぺルアーノとして歌ものとして日本の演歌の様に良く歌われます。

マリネラリメーニャはスカーフの様なものをひらひらさせて踊るペルーの国民的ダンス、マリネラの伴奏リズムです。日本でも在日ペルー人のダンスをちょくちょく見ることが出来ます。

ランド、ザマクエカはフェステホの様にブラックペルーのリズムです。

アフロペルーではスネア弦が入っていないカホンを使い、特にリムショット(縁打ち)が特徴です。指の腹でカホンの上端を叩きバチンという音を出します。指自体を使うと強打するため指の神経を痛めますのでご注意下さい。いい音を鳴らすには毎日練習し、指の皮や骨を強化する必要があります。

弦の無いカホンはアテンポではアフロペルークラシックカホンとミクストカホンの片面が相当します。弦のあるカホンでも若干弦が鳴るのに目をつぶれば縁打ちは可能ですが弦を鳴らすのにエネルギーを取られ、若干パワーが落ちます。


フェステホのリズム


ヴァルスのリズム


マリネラ・リメーニャのリズム

ランドのリズム



ザマクエカのリズム