ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

ショップ紹介

責任者:本郷(写真左)アテンポ社長:アレクシス(写真右)

カホン発祥ペルー産プロ用カホン A Tempo Percusion 、エクアドルよりドラマーの為のサウンドNativo Percusion、フラメンコの本場アンダルシアの最高級アルテザーナ(職人)フラメンコカホンABueno Perucison販売サイトです。各メーカー日本総代理。

商品についてのお問い合わせなどあれば、お気軽にメールしてください。音の好み、経験などに合わせて、あなたにおすすめのカホンを提案いたします。

試打について
名古屋:栄のイシバシ楽器店(栄交差点南西、三越西向い)
大須のPUKIOラテンアメリカ)
浜松:ソニックス
上記店舗にて数台展示しており試打可能です。品切れの可能性もあるので、事前に直接店に電話で確認してください。
フリーページ
rss atom
ミクストカホン-ブロック
【空間を揺るがすリッチベースと切れのあるスネア。裏を叩けばアフリカンな原始の太鼓音が轟く両打面カホン】

ミクストカホンは両打面により二つの個性的な音が一つのカホンで楽しめます。
片面は一般的なスネア弦を持ち、もう一つの面はカホンが生まれた時から変わらない、アフロペルーサウンドの伝統を今に伝えるピュアな太鼓サウンドです。

スネア面では一般的なカホンの様に簡易ドラム的に、各種伴奏などに適し、弦無し面(アフロペルー面)ではコンガやボンゴなどと同様、ラテンやアフロ、ブラジル音楽の太鼓としてパーカッション的な使い方が出来、1台で幅広い音楽ジャンルに対応可能です。

アフロペルー面は、接着打面によるアテンポのカホンの中でも最も深く響くベース、スラップによるバチンという縁打ちサウンドでパーカシブなサウンドを持ちます。

カホンを一転させスネア打面を叩けば、ベースはアフロペルー面よりややサスティーンが短く、よりアグレッシヴで現代的なサウンドを鳴らすことができます。
アテンポ独自のショルダースネア配置はギター弦を天面から側面にかけて、左右各3本配置ずつ配置することにより、ベースを鳴らした際に、ほとんどスネア音が混じることがない画期的なものです。

ボディーはアマゾンの貴重な広葉樹ハードウッドを無駄にしない、モヘナ(トロピカルウオルナット)、レキア(アメリカンムスクウッド)、ウオルナットという高密度の硬い木材ピースを組み合わせたパネルを、あり組み接ぎにて強固に接合し、合板ボディーのカホンには無い、深いボディーの響き(倍音)を持ちます。

打面は3.5个噺めの打面で十分な音量を発生します。最高の音響を追求し、ルプナとスパニッシュシダーを2種積層し、厚い打面でありながら柔らかな叩き心地と、メローでディープなベースで空間を満たします。

全てのアテンポカホンは耐衝撃性に優れたクッション性のあるギグバック付きでお届けし、ライブ演奏などに気軽に持ち出せ末永く美しい状態でお使いいただけます。

サウンドチャート
■BASS
音量    小 □□□□■ 大
響き    短 □□□□■ 長
■SNARE
タッチ感度 低 □□■□□ 高
音質   繊細 □□□□■ ダイナミック

■仕様
寸法(H/W/D cm):49.0x33.0 x29.0
重量:約3.9−4.8kg (モデル、ロットによる)
打面材:3層3.5 mm厚ルプナ、スパニッシュシダー複合合板
ボディー材:14亳組み木単板、モデル(模様)によりモヘナ(トロピカルウオルナット)、レキア(アメリカンムスクウッド)、パイン、ウオルナット
スネア:アフロペルー打面;なし。スネア面;ギター弦左右各3本、計6本上から側面に斜め張り
表面仕上げ:ポリウレタン、ポリエステル塗装。ツヤあり、ツヤ消しをお選びください。
ギグバッグ付きペルー産
※ボディー、打面共天然木を使用しているため、ロットにより若干製品の色、打面の木目が変わります。

紹介動画1


紹介動画2−島村楽器湘南平塚店様による他のカホンとの比較動画です。


ミクストカホン 演奏ビデオ
単板アテンポならではのディープなベースを体感するために、ヘッドセットかスピーカで聞いてください。


ペルーのパーカショニストFrancisco Ballón氏によるペルーファンクキューバという演奏


アフロペルー面の調整方法−弦の無いアフロペルー面でAgudo(カッという縁打ちの切れのある高音)を出すための調整。
上部角のネジを少し緩めることにより打面の隙間ができてAgudoが出やすくなります。上手い人は緩めなくても指と打面のアッタックで鋭いAgudoを出しますが、最初は緩めた方が簡単に音が出ます。


演奏動画 on Twitter
Twitterに投稿された動画です。





ミクストカホンアフロペルー面(弦無し面)



この商品のレビュー

  • 南米天国
  • 50代
  • 男性
  • 2022/07/01 15:59:55
大いに気に入りました。
私はビエント(管楽器)がメインですが、リズム楽器も好きで、スペイン製のカホン「Perk(ペルク)のカスティガドール」を長年愛用し、フォルクローレ、ボサノバ、ピアノとのアンサンブルなどで演奏しています。Perkのカホンは大変すばらしく申し分ないサウンドで大のお気に入りですが、かつてボリビア、ペルーに滞在していたこともあり本場ペルーのカホンにも以前から興味がありました。今回、演劇の劇中音楽を担当することになり、いわゆる「太鼓っぽい音」も使いたいシーンが多々ありまして、AtempoのMixedを思い切って購入しました。数日前に無事公演を終えましたが大満足です。見た目の美しさも舞台ではとても重要で満足、イスとしての座り心地も悪くありません。音は力強い太鼓的な感じから繊細な心地よい表現までこの1台でいろいろ出せそうです。もっと使いこんでいけばまだまだ反応良くなり良い音になっていくような予感がします。大きな音は実に気持ち良く鳴り響いてくれますし、家で小さな音で練習する際にも気持ちよい鳴りで嬉しいです。思い切って購入して良かった!大満足です。
ショップからのコメント
ペルクは職人さんが引退して、今は手に入らないという幻のカホンですね。
アテンポはペルクのフラメンコカホンとはサウンドの方向性が違いますが、太鼓本来のサウンドを持つ他に無いカホンです。特にMixtカホンは弦のある一般的なカホンのサウンドと、弦の無いアフロペルー面も持ち、そちらでまさに太鼓というサウンドを楽しめます。
劇中音楽など一台で多彩なサウンドが出せ、マイクなしでも、逆にマイク無しの方が豊かでリッチなサウンドを感じさせ、最適かと思います。
ミクストカホンを気にいっていただいたということで、大変うれしいです。今後も末永くご愛顧ください。
ミクストカホンのサウンドの響く演劇もぜひ見たいものです。(2022/07/02 20:09:20)
  • CHOM-POO
  • 50代
  • 男性
  • 2022/05/26 19:52:31
アテンポのシンボル
両面とも、全然中途半端な音ではありませんでした。
会場の特性(壁の位置など)によっては、アルテザーノやクラシコに勝るシーンがあると思います。意外に、そんな状況は多いかも。
軽く叩いてもバランスの良い音が出るので、家で叩くなら文句なく最強。
見た目的にも「愛されカホンNo.1」。アテンポのシンボルはダテじゃない!
ショップからのコメント
この度は不手際もあり、ご迷惑をおかけしてしまいました。
ミクストカホンも気に入って頂けたのであれば、幸いです。
ミクストは背板が打面の為、軽く叩いてもカホン内部の圧が高まらず、リッチなベースが鳴りやすい可能性があります。
私も普段ミクストを椅子代わりにし、気分によってスネア面、アフロ面を叩いて楽しんでおります。
主だったアテンポのカホンを制覇していただきありがとうございます。末永くご愛顧戴ければと思います。(2022/05/26 20:27:21)
・ 型番
ATCMXENL
・ 定価
38,000円(税込41,800円)
・ 販売価格

29,800円(税込32,780円)

・ 購入数
ツヤ消しツヤあり